カメラのインナーケース代わりに、無印良品「手つきポーチ」を使ってみました。

  • ブックマーク

みなさんは、普段使いのバック(バックパック)にカメラを入れる時どうしてますか?
普段持ち歩く、書類等に加えてカメラも持ち歩く時とき、カメラ以外のものとカメラをいい塩梅に持ちあるくカバン(バックパック)ってなかなかありません。
カメラ用のカバンやバックパックを買うと言う人もいると思います。
でも、カメラ用のカバンって仕切り等あって、書類等がたくさん持ち歩けないんですよね。
あくまでも、メインは普段持ち歩くものです。
あとは、それのために今使っているカバンをカメラバックに買い換えるのはちょっと・・・ と言う人もいるかと思います。

自分もそう言う状況になって、どうしようか悩みました。
何も保護しないで、カバンの中に入れるのは、ちょっと心配ですよね。
それと、カメラについているダイヤルが動いてしまって、いざ写真を取ろうと思ったときに「あれ、ヘン?」って慌てることもありました。
なんで、自分の場合はバックパックですが、保護するインナーケースに入れて持ち運びたいと思ってインナーケースをさがしました。

でも、ちょうどいいのがないんですよね。
布のようなケースだと傷はつかないけど、布一枚ではショックに対しては無防備です。
かと行って、保護のクッションが入っているものは大きくて、他の荷物と一緒にバックパックに入らないし
「帯に短かし、タスキに長し」 ちょうどいい塩梅のものを探していました。
そして見つけたのが、無印良品の「ナイロン 手つきポーチ」です

本来は化粧品を持ち運ぶためのものです。上からみるとこんな感じ。
この取っ手が、バックパックから取り出す時に重宝します。


でも入れてみたらちょうどです。
必要なものが入る最小限の大きさで、カバンの中でも場所はとりません。
カメラ用のインナーケースはやっぱり、がさばるんですよね。」

本来は化粧品を入れるので、いろいろポケットがついています。
蓋の裏はこんな感じ

内側にもあります。
予備バッテリーとか、小物を入れるのにちょうど良さそうですね

結構収納力はあるけど、軽いです。

1400円とリーズナブルな価格もいいですね。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。

このブログの著者 菊地健介

心プランナー 菊地健介
岡部明美LPL養成講座認定セラピスト/一般社団法人ビリーフリセット協会認定カウンセラー/日本メンター協会オフィシャル・パートナー/プリント基板設計エンジニア(約30年)/経営者(19年)
菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
そして、理性と理論と思考で人生回って行くと思っていた、「無理して一人で背負い込んじゃう思考優位系の人」でした。
でも、人間関係や仕事は全くうまくいかず、職場や家庭はストレスだらけでした。
こんな自分と自分の周囲に起こってきたつらくて・悲しい出来事を脱して、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がついて、心について学んできました。
そして、設計の分野、心の分野両方で、自分の体験と学びを他の人にも伝えています。
カウンセリングのご依頼は、「カウンセリングお申し込み」のページより御申込みできます。
このブログは、心のこと、日々のセッションから見えてくる人が陥りやすい心のスポット、ガジェットのこと、麻布十番・その他グルメ情報を書いています。

カウンセリングご依頼

カウンセリングご依頼は下記フォームよりお申し込み下さい。