Microsoft SurfaceBookを7ヶ月使って個人的に良かった点とイマイチな点

  • ブックマーク

仕事上どうしてもWindowsのノートPCが必要なため、LenovoのThinkPadとどちらにしようがざんざん迷ったあげく、Microsoft SurfaceBookを購入しました。
7ヶ月間使ってみて個人的に良かった点、イマイチな点を書いてみたいと思います。
購入したモデルのスペックは以下の通りです。

  • 256GB / Intel Core i7 / 8GB / GPU
  • 13.5 インチ PixelSense ディスプレイ(3,000×2,000ドット )
  • Windows 10 Pro 搭載
  • Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス 搭載

Microsoftの製品紹介ページ

Intel Core i7 でGPU搭載だとCAD(2次元)を動かしてもさくさく動く

基板設計用のCADを動かしても、Intel Core i7 でGPU搭載なのでさくさく動きます。
逆にこれがやりたい為に、軽量薄型のノートPCは諦めたので、サクサク動いてくれないと困るところではあります。
でも、動かしているのは業務用とはいえ、2次元のソフトです。
3Dのゲーム等よりは負荷は低いと思います。
Officeももちろん、サクサク動きます

液晶は鮮やかできれい

液晶は13.5型で、解像度は3,000×2,000ドットです。
色鮮やかできれいな液晶です。
CADは鮮やかな画面のほうが見やすいので、これは良かった点です

液晶の方が重いので、持ち上げる時等バランス取りにくい

このPCは液晶の方に電気回路の主要部分が入っていますので、普通のPCと逆でキーボード側よりも液状側の方が重いです。
置いてあるPCを持ち上げるとき、ひざの上等で操作する時は、バランスくずしそうになるので注意が必要です。

パワーSWが上部にあるので、カバンの中でSWが押されてONしてしまう時がある

 

2016-08-30 14.25.06

写真の様に、パワーSWは液晶上部左側にあります。
写真下側がパワーSWです。上側は音量調節のSWです。
この位置だと、カバンの中に入れた時に、SWが押されてパワーONになっていることが数回ありました。
なのでカバンの中に入れる時でも、ケースに入れて持ち歩くことにしました。
正直、ケースの分重量減らしたい所です。

キーボードのライトがONになっていると、刻印が見づらい

 

2016-08-30 14.19.30

写真の様に、キーボードのライトがONになっていると、刻印が見づらいです。
机に座ってキーボードを見下ろす感じでも、見にくいです。
キボードバックライトはF1キーで輝度を変えることができますので、ずっとOFFで使用しています。

外部への映像出力はMini DisplayPort

 

2016-08-30 14.24.09

外部ディスプレイ等に出力するための端子は、Mini DisplayPortです。
写真右上の四角いポートがMini DisplayPortです。
なので、ディスプレイやプロジェクターにつなぐ時は、ほぼアダプターが必要になります。
純正のアダプタは¥5,832 もします。

コストパフォーマンスは?

コストパフォーマンスは、はっきり言って悪いです。
自分の様に、グラフィックのパワーがそこそこ必要な人は選択肢になりますが、単にWindowsでモバイルするPCがほしい人は別の製品を購入した方が良いと思います。

Microsoftの製品紹介ページ

  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。

このブログの著者 菊地健介

心プランナー 菊地健介
岡部明美LPL養成講座認定セラピスト/一般社団法人ビリーフリセット協会認定カウンセラー/日本メンター協会オフィシャル・パートナー/プリント基板設計エンジニア(約30年)/経営者(19年)
菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
そして、理性と理論と思考で人生回って行くと思っていた、「無理して一人で背負い込んじゃう思考優位系の人」でした。
でも、人間関係や仕事は全くうまくいかず、職場や家庭はストレスだらけでした。
こんな自分と自分の周囲に起こってきたつらくて・悲しい出来事を脱して、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がついて、心について学んできました。
そして、設計の分野、心の分野両方で、自分の体験と学びを他の人にも伝えています。
カウンセリングのご依頼は、「カウンセリングお申し込み」のページより御申込みできます。
このブログは、心のこと、日々のセッションから見えてくる人が陥りやすい心のスポット、ガジェットのこと、麻布十番・その他グルメ情報を書いています。

カウンセリングご依頼

カウンセリングご依頼は下記フォームよりお申し込み下さい。