会社の机・棚に組替え可能なホームエレクターを使うといろいろ便利なことがある

  • ブックマーク

 

 

会社の机や棚などの什器は、ホームエレクターという組み立て家具を使っています。棚・机・デスクサイドワゴンなど、ほぼ全ての什器をホームエレクターを使っています。

創業した当初は、一般の事務所にあるスチールの什器や木製のものを使っていましたが、10年ほど前からホームエレクターのみになりました。

 

ホームエレクター公式サイト

 

2016-04-02 14.48.52

2015-04-02 16.06.33

 

ホームエレクターの良いところ

・人数・PCの台数・その他設備導入/廃棄に合わせて、最適に組み替え可能

・部材で販売しているから、必要なものだけ買い足せばその時の状況に合わせた棚や机ができる

・使わなくなったら、”棚板” ”支柱” ”その他部品” に分解できるので保管場所を取らない

・とりあえず組み立ててみて、問題があれば組み替えで改善できる

・部材を買い足して追加組み立てすれば、どんどん進化していける

・どんな棚・机にするか、考えるのが楽しい(これは人によるかな)

・引っ越しの時に、大きな家具が無いのでらくだし一回り小さなトラックで収まる

 

ホームエレクターのイマイチなところ

・自分で組み立てが必要(慣れないと時間がかかる)

・高級感・オシャレ感は乏しい(最近色は増えましたが)

・大きな棚・机の組み立ては女性では不可(大きな部材は結構重量あります)

 

組み立て自体は、落ち着いて工程ごとに確認しながら行えば難しいことはありません。

2014-08-13 11.46.29

悩む所は「買い足すのは最小限で手持ちの部材を組み合わせて、どうやって思った様なもの作るか」という点かな。

お仕着せの家具で使い辛い思いをするより、自由に持っているモノとスペースに合わせ最適なものができるって、素晴らしいです。

 

2016-04-02 16.05.22

 

だれにでもオススメできる方法ではありませんが、状況が変わることが多い人や、引っ越しの多い人にはオススメです。

25699382883_8efef7eaed_k

photo by はなむら たかし 信州 Snap::Life

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。

このブログの著者 菊地健介

心プランナー 菊地健介
岡部明美LPL養成講座認定セラピスト/一般社団法人ビリーフリセット協会認定カウンセラー/日本メンター協会オフィシャル・パートナー/プリント基板設計エンジニア(約30年)/経営者(19年)
菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
そして、理性と理論と思考で人生回って行くと思っていた、「無理して一人で背負い込んじゃう思考優位系の人」でした。
でも、人間関係や仕事は全くうまくいかず、職場や家庭はストレスだらけでした。
こんな自分と自分の周囲に起こってきたつらくて・悲しい出来事を脱して、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がついて、心について学んできました。
そして、設計の分野、心の分野両方で、自分の体験と学びを他の人にも伝えています。
カウンセリングのご依頼は、「カウンセリングお申し込み」のページより御申込みできます。
このブログは、心のこと、日々のセッションから見えてくる人が陥りやすい心のスポット、ガジェットのこと、麻布十番・その他グルメ情報を書いています。

カウンセリングご依頼

カウンセリングご依頼は下記フォームよりお申し込み下さい。