心の設計書

感性と感覚を大切にして生きることで幸せを設計するブログ

06. ガジェット人柱

iPhoneでLightningコネクタの接触が悪くなった時にまずやること

iPhoneでLightningコネクタの接触が悪くなった時にまずやること

iPhoneでLightningコネクタの接触が悪くなって、ケーブルを差し込む角度によって充電できたり・できなかったりする状態になった時の対処方法です。

2014-09-03 17.29.24

 

 

最初はてっきり壊れたと思ってGenius Barに行きました。

担当の方に症状を話すと、Lightningコネクタをじーーーーっとみてひと言

「ゴミがつまってますね!」

えーーーー?!?!

「ちょっと待ってくださいね」

そう言ってエアーダスターを持ってくるとブシューと何回か吹きかけてから

「これで試してみてください(笑顔)!」

はい、きっちり直りました。(笑うに笑えない顔)

本体交換にならずにその場で直ったのはうれしいんですが、ちょっとはずかしかったです。

 

まとめ

Lightningコネクタの接触が悪くなった時は、最初にエアーダスターでごみを吹き飛ばしてみましょう。

以下はスタッフの方のから聞いたお話です。

・男性でズボンのポケットに入れる人は、ゴミが詰まりやすい

・Lightningコネクタの掃除をする時は、絶対に綿棒などの棒状のものを突っ込んでぐりぐりしてはダメ

・エアダスターで吹き飛ばすようにゴミを取り除いてください

Return Top