心の設計書

感性と感覚を大切にして生きることで幸せを設計するブログ

77. 日記&ログ

子供の節目で振り返ると、改めて年月の経つのは早いものだと思う

子供の節目で振り返ると、改めて年月の経つのは早いものだと思う

昨日からうちの子の入試に同行して、神戸の三ノ宮に来ています。
神戸は横浜より上品な感じ。
駅の時計もおしゃれ。

受験する大学は山の上にあるので、景色が良く見えます。

入試や行く大学を選んでその選択に対して責任を取るのは彼の課題。
いろいろ言いたいことはあるけれど(笑)、親はサポートするだけです。

そして、彼が生まれてからもう18年と8ヶ月経っているんだなぁと改めて思います。
年月の経つのは早いもの。そして彼は大きくなりました。
もう、課題の分離をしても彼は大丈夫でしょう。

生田神社で、彼の合格を祈って。

Return Top