CRユーザーフォーラム2014に参加しました。

  • ブックマーク
広告

3月14日(金)に株式会社図研主催で「CRユーザフォーラム2014」が行われました。

今年も参加してましたので概要を紹介したいと思います。
参加者は約100名程度(菊地がざっとみた感じで)と思います。
2014-03-14 13.18.40

当日のアジェンダ

1 挨拶 株式会社図研
     株式会社図研 常務取締役 仮屋和浩さん
2 CR8000 Design Force リリース2014新規昨日及び今後の開発計画ご紹介
     株式会社図研 EDA事業部 営業技術部
3 公的補助金の申請と獲得の秘訣・・・上手に使って経営革新!
     松井経営コンサルティング事務所 中小企業診断士 松井俊夫さん
4 セットメーカーの求める”真”の設計品質に対するシミュレーションの技術とは・・・事例発表
     株式会社 WADOW 代表取締役 楠和彦さん
5 シミュレータに助けられたこと、まだありませんか?・・・事例発表
     アルティメイトテクノロジイズ株式会社 CTO 中村篤さん
この後懇親会
2014-03-14 15.31.08
・当然 CR8000の宣伝はありますね。
・上記アジェンダをみても分かる通り、今年はシミュレーション系の内容がメインでした。CR8000が出た年とその次の年は、CR8000の事例ばかりでしたが、さすがにそれはネタが尽きたみたいですね
・公的補助金のお話は、概要のみでした。基板または基板設計の業界で公的補助金を申請するのはかなり厳しいなという印象でした。
・シミュレーションのお話は、結局「リターンパスが重要だ」という内容でした。

菊地の独断と偏見の感想 

CR8000の発表・発売というようなトピックがあれば、それなり盛り上がりますが、今回は無理やりこじつけた?系もねたもあるので、イマイチだったと思います。
他のCADベンダーの場合は 自社製品の宣伝1コマ 事例発表1コマ という感じが多いのでそれよりは、運営側が考えてやっているんだなーという印象はあります。
来年は、もっと売り上げに関係するような内容があるとよいですね
  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。

このブログの著者 菊地健介

心プランナー 菊地健介
岡部明美LPL養成講座認定セラピスト/一般社団法人ビリーフリセット協会認定カウンセラー/日本メンター協会オフィシャル・パートナー/プリント基板設計エンジニア(約30年)/経営者(19年)
菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
そして、理性と理論と思考で人生回って行くと思っていた、「無理して一人で背負い込んじゃう思考優位系の人」でした。
でも、人間関係や仕事は全くうまくいかず、職場や家庭はストレスだらけでした。
こんな自分と自分の周囲に起こってきたつらくて・悲しい出来事を脱して、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がついて、心について学んできました。
そして、設計の分野、心の分野両方で、自分の体験と学びを他の人にも伝えています。
カウンセリングのご依頼は、「カウンセリングお申し込み」のページより御申込みできます。
このブログは、心のこと、日々のセッションから見えてくる人が陥りやすい心のスポット、ガジェットのこと、麻布十番・その他グルメ情報を書いています。

カウンセリングご依頼

カウンセリングご依頼は下記フォームよりお申し込み下さい。