低電圧・大電流化のデバイスの動作を安定させるために、コンデンサのデカップリング意識しよう~日々の設計から

  • ブックマーク

最近の電子機器でされるデバイス(IC)は低電圧化・大電流化の傾向にあります。

この傾向により、以下の様な問題が出やすくなっています。

1)動作電圧の低下による電圧マージンの減少

2)大電流化したデバイスの動的負荷変動が原因の電源電圧変動が大きくなる

これらの要因により、回路や基板の設計は10年前に比べて非常にタイトになっています。

弊社では上記の様な問題の対策の一助として、基板設計時に工夫していることがあります。

どんな工夫をしているかという説明の前に、まずはコンデンサの活用法確認してみたいと思います。

 

コンデンサの3つの活用法

 

コンデンサには3つの活用法があります。

1)アクロス・ザ・ライン=2つのライン間(電流の流れる経路間)のノイズの除去

2)バイパス・コンデンサ=DC電源からノイズを除去する

3)デカップリング=ICの動作に必要な電荷を直近で供給できるように回路のループを小さくする

  デカップリング2

どんな工夫をしているか

 

私たちは3番目のコンデンサのデカップリング効果に着目し、電源端子に必要な電荷が直近より

供給されることにより、上に書いた様な問題点を出にくくし、デバイスが安定動作するように設計のしています。

更には、それらを目視でチェックするのではなく、専用のツールを使い検証しています。

下記は専用ツールを使ってチェックしている様子です。

 

パスコンの配置2

 

電源側・GND側それぞれ、予測される電流のルートがハイライトされています。

また、これらのルートは数値化されて表示もされます。

 

私たちは専用のツールをつかうことにより、

1)短時間で確認→修正→再チェックが可能

2)もれなく、確認が必要な部分すべてチェックできる

という利点もあります。

まとめ 

私たちは、他の設計会社では、ほとんど実施していないと思われる上記のようなチェックをツールを使って行うことによりきちんとデバイスが動作するように設計を工夫しています。以上、日々の設計からの一コマでした。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。

このブログの著者 菊地健介

心プランナー 菊地健介
岡部明美LPL養成講座認定セラピスト/一般社団法人ビリーフリセット協会認定カウンセラー/日本メンター協会オフィシャル・パートナー/プリント基板設計エンジニア(約30年)/経営者(19年)
菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
そして、理性と理論と思考で人生回って行くと思っていた、「無理して一人で背負い込んじゃう思考優位系の人」でした。
でも、人間関係や仕事は全くうまくいかず、職場や家庭はストレスだらけでした。
こんな自分と自分の周囲に起こってきたつらくて・悲しい出来事を脱して、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がついて、心について学んできました。
そして、設計の分野、心の分野両方で、自分の体験と学びを他の人にも伝えています。
カウンセリングのご依頼は、「カウンセリングお申し込み」のページより御申込みできます。
このブログは、心のこと、日々のセッションから見えてくる人が陥りやすい心のスポット、ガジェットのこと、麻布十番・その他グルメ情報を書いています。

カウンセリングご依頼

カウンセリングご依頼は下記フォームよりお申し込み下さい。