心の設計書

感性と感覚を大切にして生きることで幸せを設計するブログ

菊地 健介

原因を探求することも必要だけど、その時感じた気持ちを感じ切ることも必要

原因を探求することも必要だけど、その時感じた気持ちを感じ切ることも必要

前回の続きです。 人生でとても辛い出来事が起こった時には、原因探しをします。 カウンセング的には、その感情を感じた原初の体験について探求していきます。 原因の探求は大切です。 それは必要なことです。 でもそれは1回やって腑に落ちたら2回目は必要ないです。 そして、原因の探求と同じくらい重要なのは、心のなかで生じているい...

人の気持ちは、いくえにも重なり合って絡み合っている。その気持ちを感じきってみる。

人の気持ちは、いくえにも重なり合って絡み合っている。その気持ちを感じきってみる。

人生でとても辛い出来事が起こった時には、心のなかではいろいろな気持ちが生じてきます。 例えば、社員さんから「この会社にはもういたくない。辞める。あんたが大嫌いだ」と言われた時、 怒り 悲しみ 悔しい気持ち 見捨てられたという気持ち 相手に対する嫌悪感 孤独感 自分はダメなやつという気持ち 相手に悪いことをしたという罪悪...

カウンセリング用の椅子にクッションを置きました。

カウンセリング用の椅子にクッションを置きました。

サロンにある、クライアントさんの座る椅子に、大きめのクッションをおきました。 前はこんな感じです。 クッションが小さかったので、背もたれに寄りかかるとき不自然な体勢になってまっていました。 大きめのクッションを買ったので、背中をクッションに預けてゆったりと座って頂けます。 厚みもちゃんとあって、ゆったりよりか帰れます。

大量文字入力の為に入力環境を一新した話〜人体改造編

大量文字入力の為に入力環境を一新した話〜人体改造編

今年になってから、大人数の名簿作成とか、テープ起こしとか、限られた時間で大量に文字入力を入力する機会が増えて来たので、iMacを大量文字入力に対応したハードウエアに変えた話は前回投稿しました。 今回の内容は、人体改造編です。 人体改造編って何を変えたのか? というと 今まで、あやしいローマ字入力だったのを、親指シフトに...

大量文字入力の為に入力環境を一新した話〜ハードウエア編

大量文字入力の為に入力環境を一新した話〜ハードウエア編

今年になってから、大人数の名簿作成とか、テープ起こしとか、限られた時間で大量に文字入力を入力する機会が増えて着ました。 そこで、いつも使っているiMacを大量文字入力に対応した環境に変えてみました。 ハードウエアでやったことは 1)キーボードをテンキー付きMagic Keyboardに変更 2)Magic Trackp...

プロセスワーク理論とシグナルアウェアネス〜プロセスワークの基礎は奥が深かった

プロセスワーク理論とシグナルアウェアネス〜プロセスワークの基礎は奥が深かった

6月17日・18日の2日間、日本プロセスワークセンターで行われた「プロセスワーク理論とシグナルアウェアネス」の講座を受講しました。 理論と聞くと左脳に詰め込む感じがしますが、ワークやって体感を感じる時間も多くあり、そのワークをやることによって理論として学んで来たことが腑に落ちて来る講座でした。 理論で講義があった内容は...

ナニワヤ しょうがとじゃこごはん〜麻布十番お昼事情

ナニワヤ しょうがとじゃこごはん〜麻布十番お昼事情

ナニワヤのお惣菜の紹介、今日は「しょうがとじゃこごはん」です。 ヘルシーそうですよね。 450円です じゃこと菜っ葉の茎の部分とたくあんの千切りが入っています きざんだ菜っ葉の茎とたくあんの千切りがほどよい硬さの食感を出しています ご飯は、ピリッとしょうがの辛さです その他入っているものは、卵焼き、からあげ、菜っ葉煮浸...

第3回メンター制度無料説明会を実施しました〜次回は7月26日です

第3回メンター制度無料説明会を実施しました〜次回は7月26日です

6月14日に大崎第2地区センターで、第3回メンター制度無料説明会が開催されました。 当日は、6名の方に参加いただきました。 今回は机の配置も、スクール形式からペアワークができる形にして、参加者お一人に対してスタッフ1名がペアとなってワークをしました。 また、株式会社Unleash[アンリーシュ]代表取締役 長浜勝志より...

人は人と繋がりたい〜コーマワークのセミナーに参加して

人は人と繋がりたい〜コーマワークのセミナーに参加して

5月27日・28日に日本プロセスワークセンターで行われたコーマワークのセミナーに参加しました。 コーマワークというのは聞き慣れない言葉だと思いますが、昏睡状態の人とコミュニケーションを行うためのメソッドです。 コーマワークに関しては、こちらのページを参照ください セミナーは、講義と受講生同士の実習が交互に行われ、単に知...

Return Top