心の設計書

感性と感覚を大切にして生きることで幸せを設計するブログ

05. 基板設計

基板設計を自社内で行う際に必要なものは何か?

【テーマ】

基板設計を自社内で行う際に必要なものは何か?

 

【結論】

1)基板設計をする人

2)基板設計専用CAD

3)基板と基板設計とCAD操作に関する知識

の3つが必要です。

 

【説明】

基板設計を自社内でやろうと思っている設計者の方は、ほぼ全員 最初に上記の質問をするのですが、

一番最初に考えるべきこと 大切なことは

基板設計を内製化したい時、まず最初に考えるべきこと

のエントリで書いた通りです。

それを踏まえた上で、必要なものは何かというと、

1)基板設計をする人

2)基板設計専用CAD

3)基板と基板設計とCAD操作に関する知識

になります。

上記の項目1個づつで1つの記事が書けるくらいですので詳細は別の記事とし、本記事では別の重要なことについて触れて みたいと思います。

上記3つの必要なものが自社にない場合は揃えることになりますが、 そこで問題になるのが

「どのレベルのモノ(人)を揃えるか」

ということになります。

 

 

人もモノ(CAD)もピン・キリです。

そんな状況で、「このCADを導入する」「この人に基板設計をやってもらう」 という判断のよりどころになるのが、まず最初に考えるべきこと で書いた、

「なぜ基板設計を内製化するか?」 その目的です。

基板設計を内製化することにより、どうしたいのか?

になります。

 

言い方を変えると、上記を明確にすることにより、

・買うべきCADが決まる=投資金額が決まります。

・どのレベルの人を雇うか、または、社内を人材を配置転換するか決まる   =人件費が決まります。

はい、これは企業にとって重要なことですね。

ということで、何度も書きますが、

「なぜ基板設計を内製化するか?」 その目的です。

基板設計を内製化することにより、どうしたいのか?

とても重要です。

Return Top