心の設計書

感性と感覚を大切にして生きることで幸せを設計するブログ

05. 基板設計

回路図 その3〜基板設計の資料

回路図 その3〜基板設計の資料

基板設計に必用な資料についてのシリーズです
最初に基板設計依頼時の資料にはどんなものがあったか一覧してみましょう。

基板設計に必要な資料

1 回路図
2 ネットリスト
3 部品リスト
4 基板外形図
5 部品レイアウト図
6 部品カタログ
7 配置・配線の注意事項
8 配線仕様等、基板に制約があるデバイスはその仕様書
9 規格に則った設計をしなければいけない場合はその仕様書

photo by Takashi Q. Hanamura  Takashi Q. Hanamura Photography 

文字どうしの重なり

pdf・XDFビュワーデーター・紙などの回路図中で、回路番号とその他の文字(ピン番号や定数・名称等)が重なって回路番号が見えない箇所が多数(1/3以上)あると、基板設計の支障となります。

回路番号が読めないと、まず最初に部品配置の際支障が出ます。
例えばパスコンの配置など、回路番号を見ながらICの電源ピンの直近に置いて行きますので、そういった時正しく配置できない可能性が出てきます。
また非常に時間がかかります。

そうならない為に、画面で見るだけでなく支給するデータを印刷して見る事をお勧めします。

上記の様になってしまう原因として、画面では非表示になっていても、印刷する際には表示される設定になっていてそれに気がつかずに文字が重なってしまうという場合が多い様です。

特に抵抗・コンデンサ・コイルなどのピン番号が回路番号に重なりやすい傾向にありますので、御使用中の回路図エディタの設定を確認してみてください。

文字とカッコ等の重なり

上記と似たような内容ですが、未搭載の部品を回路図上で区別できる様に「かっこ」や「あみかけ」等をシンボルの上に置いている場合、回路番号に重なって読めないことが無いようにしましょう。

また、回路図上で未搭載の部品を区別するのに、かっこや網掛けなど別の図形をシンボル上に置くやり方は、やめた方いいです。
リストを出力しても搭載/未搭載が出力されないですし、正しく置かれているかチェックするのも大変です。

お勧めする方法は搭載/未搭載の属性を追加する方法です

未搭載の場合はその属性に「notm」等任意の文字を入れ、それをシンボルの上に重ねて置く。

文字を表示する際は、ペン幅を太くし、更に0° 90°より少しだけ傾けて(15°とか105°とか)表示する。

方法です。

最後のペン幅を太くして、少し傾けるというのが目立つポイントになるので、適用してみてください。

Return Top