プロセスワーク理論とシグナルアウェアネス〜プロセスワークの基礎は奥が深かった

  • ブックマーク

6月17日・18日の2日間、日本プロセスワークセンターで行われた「プロセスワーク理論とシグナルアウェアネス」の講座を受講しました。
理論と聞くと左脳に詰め込む感じがしますが、ワークやって体感を感じる時間も多くあり、そのワークをやることによって理論として学んで来たことが腑に落ちて来る講座でした。

理論で講義があった内容は以下のような内容です
・プロセスワークの哲学と基本姿勢
・プロセス構造
・3つのレベルとチャンネル、シグナル
・ワークの基本的なステップ
・フィードバック
・メタスキル


昨年冬から今年の春にかけて受講した、プロセスワークセンター主催の基礎コースで聞いていた内容もありますが、今回のコースでは、更に深く入った内容で、プロセスワークの奥深さを知ることができる内容でした。
いやー プロセスワークは難しいけど面白いです。
下の写真は、私がどんなイメージかを他の人に書いてもらったものです。

コーマワーク・カウンセリングのご相談はこちら

・大切な家族の方が昏睡状態になっている、、、
・仕事でモヤモヤしているなど

コーマワーク・カウンセリングのご相談はこちらから、どうぞ。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。