プリント基板設計の入門セミナーを開催しました

  • ブックマーク
広告

東京 新宿で プリント基板設計の入門セミナーを開催しました。   IMG_0502 私が会社に入社した20年くらい昔はは、まだ基板は社内で設計するのが一般的で 基板設計は1年~3年くらい上の先輩に教えてもらうのが一般的でした。

でも、今は毎年新入社員が入るわけでもなく、また社内に基板設計について教えられる 人がいない場合が大半なので、基板設計をこれから社内で始めよう というときに困ってしまいます。

そんな方(会社)のための入門セミナーです。

前職でも、今の会社を起業してからも基板に関する教育については継続して実施していますが、昔も今も共通しているのは 「基板基板設計の未経験者は配線の工程が全てで、それが重要」という誤解です。

残念ですが、その誤解のまま基板を設計すると時間もかかるし、良い基板が設計できません。

当日は

設計開始の時に絶対考えておかなければいけないことをきちんと考えて、効率良く、良い基板が設計できる様な、 基本的な概念、設計準備段階で必要なこと、設計の考え方、どの様な流れで設計を進めるか

について1日お話ししました。

最後には自分の手を動かす実習もあります。

 

当日のアジェンダ

1. 基板設計の工程

2. プリント基板設計の準備

(1)設計の為に準備する仕様書に必要な項目

a. 回路図

b. 部品図・部品リスト

c. 設計仕様書

d. その他設計に必要な資料

(2)設計を始める前に考えること

a. 層数は何層にする?

b. 両面実装・片面実装?

c. 部品と基板仕様の切っても切れない関係

3. 設計に使用するCADの基礎

(1)プリント基板設計ツール

a. 代表的な設計ツール

b. Freeソフトと有料高額なソフト どっちにする?

c. CADを維持するのは費用とマンパワーが必要

(2)知っておきたいCADの概念

a. 層(そう)

b. 部品 c. ネット

d. 幅つきの線・塗りつぶしの面

4. 実際の設計

(1)設計の基本的な考え方

(2)実習 簡単な基板をフリーの基板設計CADを使用し設計

6. 設計例紹介(デモ)

・高速信号回路の配置配線、ノイズ対策を考慮した事例など紹介

このような初心者向けのセミナーは定期的に行っており、開催前にこのブログで告知します。

また、1日1社(2名様まで)限定の個別レッスンも行っています 詳しくは以下のサイトをご確認ください。

ボードテクノロジー:基板と基板設計の研修について

 

 

IMG_0501

  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。

このブログの著者 菊地健介

心プランナー 菊地健介
岡部明美LPL養成講座認定セラピスト/一般社団法人ビリーフリセット協会認定カウンセラー/日本メンター協会オフィシャル・パートナー/プリント基板設計エンジニア(約30年)/経営者(19年)
菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
そして、理性と理論と思考で人生回って行くと思っていた、「無理して一人で背負い込んじゃう思考優位系の人」でした。
でも、人間関係や仕事は全くうまくいかず、職場や家庭はストレスだらけでした。
こんな自分と自分の周囲に起こってきたつらくて・悲しい出来事を脱して、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がついて、心について学んできました。
そして、設計の分野、心の分野両方で、自分の体験と学びを他の人にも伝えています。
カウンセリングのご依頼は、「カウンセリングお申し込み」のページより御申込みできます。
このブログは、心のこと、日々のセッションから見えてくる人が陥りやすい心のスポット、ガジェットのこと、麻布十番・その他グルメ情報を書いています。

カウンセリングご依頼

カウンセリングご依頼は下記フォームよりお申し込み下さい。