エンプティチェアテクニック入門 百武正嗣著~悩む心模様を見える化する方法

  • ブックマーク

人間関係で悩んでいる人、人生の岐路に立って悩んでいる人がどうすればよいか、悩んでも決められないことがあると思います。

そんな時に使えるカウンセリングのメソッドに、エンプティチェアという方法があります。
これは、空の椅子を2個用意して、そこに対立する人、対立する感情をになって座り、そこで感じる感覚・感情を口に出してみる方法です。
たとえで言えば、やる/やらない 好き/嫌い 等1つに決められない心模様を、見える化する方法です。
これを行うことにより、思考や感情が整理され、判断するのに何が重要であるか浮かび上がってきます。
また、今まで気づかなかった感情や考えにが出てきて、問題解決の手助けとなることもあります。

2016-08-17 18.04.59

 

本書を読むとエンプティチェアのやり方や考え方を学ぶことができます。
でも、ご自分一人でこれを行うのは、難しいと思いますので、最初はカウンセラーにファシリテートしてもらいながらやる方が良いと思います。

カウンセラーがこのメソッドを使ってカウンセリングすることにより、悩んでいる思考・感情が整理され。気づかなかった気持ちに気づき、新しい視点でその問題を見ることができます
そうして、問題から一歩引いて、全体像がみえるようになることで、悩みを解決する助けになります。

これからエンプティチエアを学ぼうというカンセラーの方にもお勧めします。
基本的な事項の解説があり、事例も多数記載されているので、エンプティチエアをやってみようというカンセラーの方に最適です。

この書籍は一般書店では手に入りづらいので、アマゾンで注文するか大型書店で探すのが良いと思います

コーマワーク・カウンセリングのご相談はこちら

・大切な家族の方が昏睡状態になっている、、、
・仕事でモヤモヤしているなど

コーマワーク・カウンセリングのご相談はこちらから、どうぞ。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。