エニアグラムの3つのグループは人の違いをわかるとても良い手段〜シープラスエフ研究所エニアグラム入門ワークショップに参加して

  • ブックマーク

7月29日と30日に東京で行われた、シープラスエフ研究所が主催するエニアグラム入門講座に参加しました。
今まで、LPLやビリーフリセットカウンセリングの講座や本等でエニアグラムについて学んできました、エニアグラムの専門家から直接学ぶのは今回が初めてでした。
講座は、
・エニアグラムとは何か?の説明
・各タイプの説明
・各タイプの説明の後は、各タイプの人のインタビュー動画
・3つのグループについての解説
本能タイプーフィーリングタイプー思考タイプ
自己主張タイプー遊離タイプー融和タイプ
楽観タイプー合理タイプー反応タイプ
・高岡さん・ティムさんによる各人のエニアタイプのヒント
(あくまでも、ヒントです。あなたはタイプXと決めつけではないです)

参加してよかったと思うことは、
・各タイプ解説の後に、そのタイプの人のインタビューの動画があります。
この動画を連続で見ることによって、各タイプの違いがはっきりわかります。
書いてあるものを読むより、明確に違いがわかります。

・3つのグループ
1 本能タイプーフィーリングタイプー思考タイプ
2 自己主張タイプー遊離タイプー融和タイプ
3 楽観タイプー合理タイプー反応タイプ
は人の違いをとてもよく表していると思います。
一つの現状(事実)に対して、人はいろんな反応をするんだよということが、よくわかります。
自分のエニアグラムのタイプがはっきりしない人は、この中で自分が普段どんな行動を取っているか観察してみると、はっきりしてくると思います。

やっぱり専門家に学ぶといろいろと学びがありました。
エニアグラム入門講座おすすめします。

コーマワーク・カウンセリングのご相談はこちら

・大切な家族の方が昏睡状態になっている、、、
・仕事でモヤモヤしているなど

コーマワーク・カウンセリングのご相談はこちらから、どうぞ。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。