基板外形図・部品レイアウト図(6)〜基板設計の資料

  • ブックマーク
広告

基板設計に必用な資料についてのシリーズです
最初に基板設計依頼時の資料にはどんなものがあったか一覧してみましょう。

基板設計に必要な資料

1 回路図
2 ネットリスト
3 部品リスト
4 基板外形図
5 部品レイアウト図
6 部品カタログ
7 配置・配線の注意事項
8 配線仕様等、基板に制約があるデバイスはその仕様書
9 規格に則った設計をしなければいけない場合はその仕様書

photo by Takashi Q. Hanamura  Takashi Q. Hanamura Photography 

DXFデータの支給について

DXFデータをどの様に使うかと言うと、図面として見るのではなくCADの基板ファイルの中に取り込んで利用します。
但し、多くの場合そのまま外形や高さ制限情報として使えるわけではなく、絵柄として取り込んでそれを下絵にしてなぞって行くような感じで、基板外形や高さ制限領域の入力を行います。
上記の様にそのままデータとして利用できるわけではありませんが、DXFデータがあると、外形・高さ制限領域・禁止領域入力の工程と部品配置の工程が効率よく進みます。
またミスが減らすことができます。
何も無い所から入力して行くのと、下絵をなぞるのとでは大違いと言うのは皆さんにもわかっていただけますよね。

尚、気をつけなければいけない点もあります。
それは、必ず図面としてpdfまたはtifのファイルもいっしょに渡すという事です。
使用しているCADにもよりますが、DXFデータが全て読み込めるわけではありません。
読み込めないデータ(=欠落するデータ)があります。

また、DXFデータの読み込みの際、文字の大きさは元の通りでなく文字サイズが変わってしまいます。(大きくなる場合が多いです)
その為、込み入った部分だとどの部分の数値かわからなくなる場合もあります。
そう言った時、図面から読み取りをする為です。

DXFの読み込みを行っていますが以下の様な部分が欠落しやすい傾向です
・引き出し線の先のやじるしや○部分
・十字やX字のハッチング部分
・まれに曲線部分がそっくり無いことも
(ベージエ曲線を使って書かれている部分)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

菊地 健介

菊地 健介

感性と心を大切にする経営者、菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
この過程で自分と自分の周囲に起こってきたつらくて悲しい経験から、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がつきました。
今は、それらの体験を生かして、カウンセリングやコンサルティングもしています。
また、更に深くカウンセリングを勉強していくその過程でのいろいろな気づきをブログで発信しています。

このブログの著者 菊地健介

心プランナー 菊地健介
岡部明美LPL養成講座認定セラピスト/一般社団法人ビリーフリセット協会認定カウンセラー/日本メンター協会オフィシャル・パートナー/プリント基板設計エンジニア(約30年)/経営者(19年)
菊地健介です。
約30年プリント基板設計を仕事にしてきて、そのうち17年間は基板設計者と社長という2足のわらじで会社を経営してきました。
そして、理性と理論と思考で人生回って行くと思っていた、「無理して一人で背負い込んじゃう思考優位系の人」でした。
でも、人間関係や仕事は全くうまくいかず、職場や家庭はストレスだらけでした。
こんな自分と自分の周囲に起こってきたつらくて・悲しい出来事を脱して、心豊かな幸せを実現するためには感性もちゃんと使うこと、更に感性と理性のバランスを取ることが重要であることに気がついて、心について学んできました。
そして、設計の分野、心の分野両方で、自分の体験と学びを他の人にも伝えています。
カウンセリングのご依頼は、「カウンセリングお申し込み」のページより御申込みできます。
このブログは、心のこと、日々のセッションから見えてくる人が陥りやすい心のスポット、ガジェットのこと、麻布十番・その他グルメ情報を書いています。

カウンセリングご依頼

カウンセリングご依頼は下記フォームよりお申し込み下さい。