心の設計書

感性と感覚を大切にして生きることで幸せを設計するブログ

03. 学び

第9期LPL講座 第3講に参加して、腑落ちしたことが少しづつ増えてきた。

第9期LPL講座 第3講に参加して、腑落ちしたことが少しづつ増えてきた。

7月11日 12日は 岡部明美さん(講座中は岡部先生ではなく明美ちゃんと呼んでいるので、ここでも明美ちゃんと記載させて頂きます)の第9期LPL養成講座の第3講でした。

明美ちゃんのLPL養成講座については、公式サイトをどうぞ。

第1講に参加した時のブログ記事はこちら。

第2講に参加した時のブログ記事はこちら。

今回のテーマは夫婦・恋人・友人・仲間など親密な人間関係についての学びでした。

今回のテーマは前回のテーマ(家族・血縁者と物質世界についての学び)と密接に関連していて、いろいろ気づきのあった2日間でした。

2015-07-11 10.27.42

広告

問題の答えは自分の内にある

2日間で、明美ちゃんのセッションと自分でやってみるワークがありました。

明美ちゃんのセッションを見たり自分でやってみたりして、人間関係の問題の答えは必ず自分の内側にあるということが更に腑に落ちた2日間でした。

自分もそうでしたが、他人がその答えを持っていてそれをもらおうとして、でも腑に落ちる答えがもらえなくて怒ったりすねたりしてきました。

でもそれは徒労でした。

他人は、一般的な対処方法は答えてくれるかもしれませんが、真の答えは持っていないんです。

「クライアントさんは内側に必ず答えは持っている」そう信じて、ぼくらはクライアントさんに対してラビングプレゼンス(相手を尊重し、ノンジャッジで受け入れようという姿勢でそこにいること)で真摯に向かい合う、それだけです。

気づいても問題はすぐには解決しない場合もあるが、それでも気づいたことを続ける

メソッドはクライアントに気づいてもらうために使用します。

そしてクライアントさんに気づきがあったとしても、気づいてすぐには問題解決しない場合も多々あります。でも、

気づく

いろいろな出来事がある時、無条件反射の様に自動的に反応してしまう感情や行動にストップをかける

深呼吸して、他の選択がないか冷静に考えてみる

いつもの反応を、他の選択肢に切り替えることにより行動が変わる

自分が変わる

という良い循環が生まれます。

大きな気づきでがらっと変わることばかりではなく、小さな気づきを毎日実行することによってがらっと変わることもあることがあると確信できました。

頑張っている仲間からの刺激が進む力になる

いままでの自分の中の光の当たっていなかった部分に気づいて光を当てて「生きづらい」現状を変えようとしている講座のメンバーの姿を見て、とても刺激と進む力になっています。心からありがとうを言いたいです。ありがとう!

自分の変わったこと

LPL行くようになってから、表情と感情が出るようになってる って言われました。

2年前までは「能面の様」「機械と話をしているみたい」と言われていたのに・・・・

 

 

2015-07-11 10.27.33

次回4講まで少し時間が空きますが、しっかり自主トレと宿題して進化していきたいと思います。

最後にグループリーダと、サポート部隊の3人の方のサポートで非常に深い学びの場でした。ありがとうございました。

関連エントリー

Return Top